【特捜】プレミアムフライデーの闇に迫る!

こんにちは。土日よりも休日前の「金曜日の夜」が最高に好きなnewginです。

そうそう「金曜日」と言えば、すっかり忘れている方も多いと思いますが今週末は「プレミアムフライデー」ですね。

提唱されてから1年半。「毎月最終金曜日に15時退社にすることで個人消費を活性化させる」名目で始まったキャンペーンでしたが、未だ導入企業は5%未満。(2018年8月現在)

政府の意図とは全く異なり、プレミアムフライデーの日にランチやディナーでプレミアムなフライ(揚げ物)を食べてSNSにアップする奇妙な現象が流行り、意外な業界に恩恵を与える結果になってしましました。

意外?・・・いや・・まてよ

そう、よくよく考えると「いや・・・まてよ」なんですよね。

政府がそんなバカな失態を行うはずがないんです。仮にも日本政府ですからね。

おそらくこれは表向き「個人消費の活性化」とか「働き方改革の一環」だとか言いながら、揚げ物業界を活性化させるためだけの施策だったんじゃないか?というわけなんです。

プレミアムフライデーの謎

それではその疑惑の理由を4つあげていきましょう。

疑惑:① 名前がおかしい

そもそも「プレミアムフライデー」って名前が完全におかしいです。

「プレミアム」さえつけときゃ、値段高くてもそこそこ売れるっていうのは食品業界の常識。こんな名前ついた日にはワンランク高い揚げ物食べたくなりますって、誰でも。

これが「ハッピーフライデー」とか「ラッキーフライデー」だったら、わざわざ高い揚げ物なんて食べないですからね。

この名称どうも意図的な匂いがします。・・・怪しい。

疑惑:② 施行日がおかしい

プレミアムフライデーに関しては「なぜ一番忙しい月末の金曜日なんだ」って指摘が多くありますが、その理由見つけました。一般的な会社の給料日が25日だからです。

月末の金曜日を2018年のカレンダーで調べてみると、26日、23日、30日、27日、25日、29日、27日、31日、28日、26日、30日、28日です。

日にちの短い2月を除けば、ほぼ給料日直後に当たります。

「高級な揚げ物を躊躇なく購入できる給料日直後」と考えると合点がいきます!

曜日に関しては最終週であれば何曜日でも大差ないんですが、「明日から休みになる開放感」で金曜日にしたんでしょうね。・・・ますます怪しい。

疑惑:③ 揚げ物業界の動向がおかしい

プレミアムフライデーの開始が2017年2月。どうもその時期の前後から食品業界(特に揚げ物ジャンル)と動きがリンクしすぎている事実に気づいたんです。

・牛丼専門店の吉野家が唐揚げ丼を発表して話題を集めたのが2017年初頭。

・とんかつ専門店の松乃家が出店ラッシュ。それまで年間10〜20店舗の出店が2017年度の3月期から年間30店舗ペースの大幅増。

・2017年スカイラークグループが唐揚げ専門店「からよし」をオープン。

・トリドールホールディングスの「豚屋とん一」は2017〜2018年の出店ラッシュで店舗数倍増。

・伝説のすた丼屋が2017年6月からスタミナ唐揚げメニューを導入。大好評につき全店メニューに。わずか2ヶ月で15万食突破!

こんなに短期間で揚げ物業界が潤ったことあるでしょうか?

newginは聞いたことありません!・・・絶対何かある。

疑惑:④ 各社のプレミアム商品が激しい

でもこれまで出てきた店はどこも安価な店でプレミアムじゃないでしょ?と思うかもしれませんが違うんです!しっかりプレミアム商品出てるんです。


かつや 全部のせカツ丼

参照元:http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/index.html

ごはんより具の方が多いんじゃないってくらい山盛りのフライが!!値段はリーズナブルですがまさにプレミアムな丼ですね!


松乃家 ダブルロースカツ定食

参照元:https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/

1枚でも十分なボリュームのロースカツが2枚も!調べなくてもカロリーオーバー必至の一品!


すた丼屋 てりたま鬼盛りスタミナ唐揚げ丼

参照元:http://sutadonya.com/2018/03/23/【期間限定】41日発売★「てりたま鬼盛りすたみ/

もう言うことありませんね。ラーメンでいうところの二郎系を突き進んだ逸品です。

他にも「からよし」の万福唐揚げ定食なんかもボリュームすごいですよ。

とにかく各社「プレミアム」に恥じない商品をちゃんと用意してるんです。

見た目がプレミアムなのにお値段お安めなところもポイント高いですね!

なぜこのような企みを

ここまで話していたら疑惑が完全に確信になってきましたね、これはやばい。

ではこれから日本政府がなぜこのような企みを企てたかの仮説をあげていきます

仮説:① 実はメタボを増やそうとしている

「プレミアムフライデー」同様に政府が肝いりで進めている「メタボ健診」ですが現在の受診率は50%。当初目標の受診率70%とは大きな開きがあります。

 厚生労働省は31日までに、40~74歳を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の2016年度の受診率が前年度比1.3ポイント増の51.4%だったと発表した。08年度の開始以来、毎年度受診率は増加してい

「自分はまだメタボを心配するレベルじゃない」と思っている人が多いことが原因に間違いありません。

「もうちょっと皮下脂肪増えたら受信したくなるだろ」そんな意図で手っ取り早くメタボ化が期待できる揚げ物が優遇されているのかもしれませんね。

まさか、日本政府はなんだかんだと言いながら全ての「社畜」を「家畜」にしようとしてるのか・・・恐ろしい・・・!!

仮説:② トランプ氏の影響

世界を混乱の渦に巻き込んでいる男といえばそう!「お肉大好き」を公言するアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏です。

彼の要求の中で最も象徴的なものの一つが「貿易不均衡の解消」です。

日本の生命線自動車を守りたい、日本の食の文化を支える米業界も守りたい・・・

となればもう一点の要求ポイント「肉」の輸入を増やすしかない・・・

日本人がもっと肉を食べるようになれば・・日本政府がもしそう考えたのだとしたら、まんまとハマってるわけです私たちは!

米国の牛肉に頼ってきた牛丼チェーンやファミレスを母体にもつ企業が運営する揚げ物のチェーン店が今回の現象の中心にいるっていうこと自体が怪しさ満点なんですよね。

まさか・・グルなのか?

今後の動きを推測する

もし政府が本当にそんな目論見で「プレミアムフライデー」を始めたのだとしたら次の一手を用意しているのかもしれません。

今回はいかにも政府が考えそうな企画2つをあげて見ました。

こんなキャンペーン始まっても皆さんは踊らされないように注意してくださいね!


出会いのチャンスを作ろう!ミートミートフライデー

表向きは「少子化対策」だとか何だとか言って婚活デーを作るんじゃないかという予測です。

勿論政府の真の目的はビフカツやトンカツの需要を高めようとするイベントです。

ミートが2回被っているのでトンカツダブルが流行りそうですね。


世界へ旅立とう!フライトフライデー

表向きは「金曜日を休みにして短期で海外旅行を楽しもう」というキャンペーンですが、真の目的は副菜なんか排除して「揚げ物+揚げ物(フライとフライ)の食事しようぜ」っていう禁断のキャンペーンです。

多少ジムがよいしたくらいじゃメタボ一直線間違いなしです。

まとめ
今回は謎の多いプレミアムフライデーの闇に迫って見ました。
こんな風に今はまだみんなの笑いのネタにされるくらいの「プレミアムフライデー」なんですが、さかのぼって見たら「クールビズ」だって「ハロウィーン」だって始めた当初は「ネクタイしめずに会社行くなんて日本では無理だろ」とか「アメリカでもないのに仮装してパーティーなんて日本で根付くわけないだろ」とか冷ややかな目で見られていたことを考えると、もしかしたら「プレミアムフライデー」にもまだ一発逆転の可能性は残されているのかもしれません。
何より月1でも早く会社が終わる日があるなんて本当は素敵なことですしね!
それでは今回はこのへんで。実は日本にプレミアムフライデーが根付いたらいいなと強く応援しているnewginでした。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。