【大阪全域】「安まちメール使ってますか?」

こんにちは、子育てエンジョイしていますか。newginです。

最近は子供が被害者になる嫌なニュースが多いですよね。

そういう事件は、子供が一人でいる登下校時を狙った卑劣なものが多いようです。

そんなニュースを見るたびに「絶対に許せない!(殺してやりたい)という怒りと「うちの子は大丈夫?」という不安がよぎります。

本音を言えば欧米のように小学校の間は親が登下校送り迎えはするくらいしたいのですが、友達付き合いの手前、のこのこ出て行くわけにはいかず、心配しながらも登下校は任せていますが「やっぱり不安と言えば不安」です。

そんな不安要素を少しでも軽くしたいと思い「安まちメール」というサービスを利用しています。

安まちメール知ってますか?


「安まちメール」は大阪府警が提供している情報提供サービスです。

ひったくりや、路上強盗、子供に対する声かけ等事案、通り魔などの「犯罪発生情報」とそれの被害を防止するための「防犯対策情報」を、警察署からリアルタイムにメールで知らせてくれます。

受信時間、知りたい情報の種別、知りたい地域を自由に設定できます。

安まちメール登録方法

大阪府警のホームページから簡単に登録ができます。

QRコードでの登録もできるので便利ですね。

基本登録も項目はそんなに多くないのですぐに登録できますよ!

安まちメールの使い方

設定画面にて自分の知りたい地域の情報のみを限定して受け取ることができます。

大阪府内を80以上に分けて細かく設定されているので自分の活動地域だけをチェックすることも可能。

newginの場合は自分の家とその周辺の地域を設定しています!

次に配信希望カテゴリを設定します

・ひったくり
・路上強盗
・子供被害情報
・女性被害情報
・特殊詐欺等情報
・犯罪等注意報
・公開手配情報
・重大事件発生情報

の8項目から選択することができます。

newginは息子用に「子供被害情報」と奥さん用に「女性被害情報」を取っています。

「公開手配情報」「重大事件発生情報」も興味ありますが、とりあえず探偵ごっこをしている余裕がないのでチェック入れていません。

安まちメール「どのくらいの頻度で来る?」

こればかりは犯罪の頻度によるのでわからないんですが、まあまあ毎日来る感じです。2〜3回来る日も普通にあります。

「痴漢被害」や「子供被害」の事案が近い地域で連続で発生した時は家族に注意喚起するようにしています。

地域で起きている犯罪を知るだけでも価値はあるかもしれませんね

安まちメールの個人的ツボ

こんな具合にとっても役に立っている「安まちメール」なんですが「これは本当に犯罪なのか」と思えるような情報も舞い込んでくるところがちょっと好きです。

①もしかしたら、ただの子供好きかもしれない。


②もしかしたら、、本当の親切かもしれない


③立ち小便中の酔っ払い?

(確かに不審者なんだけど・・・)


まとめ

今回は大阪府警が運営している情報提供サービス「安まちメール」の紹介をしました。

この情報だけで子供を守るってことはなかなか難しいところもありますが、自分の地域でも日々そういう事件があるということだけでも自分の心構えが変わってきます。

また、「安まちメール」では実際に声をかけてきた言葉の内容も丁寧に配信されているので「飴をくれるといってもついていちゃだめだよ」など具体的な注意喚起にも使えそうですね。

ビジネスも子育ても情報戦を制すると有利にことを運ぶことはできるので、有効に活用して行きましょう。

もちろん情報だけでなんとかなるほど育児は甘くないですが!

それでは今回はこのへんで。

うかつに子供に声もかけられない現代を少し窮屈に感じるnewginでした。

【安まちメールの登録はこちらから↓】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。