関西夏祭り「文の里商店街・夜市」

こんにちは、子育てエンジョイしていますか。newginです。

夏といえば「海」「花火」、そしてやっぱり外せないのは「夏祭り」!!

ということで前回の紹介した「阿倍王子神社の夏祭り」から「地域密着度マシマシ」で、地元「文の里商店街」のお祭りを紹介していきますね。

文の里商店街って

大阪市営地下鉄の御堂筋線昭和町駅下車すぐの商店街です。

この文の里商店街といえば各商店の軒先に吊るされているポスターが有名なんです。

これは2013年大阪商工会議所が、商店街の活気を取り戻す目的でPRポスター約200点を、電通関西支社に依頼して制作したものらしいのですが、どのポスターもクオリティが高く、、ちょっとふざけてます。

newginも前職では外部のデザイン事務所や代理店と仕事をすることが多かったのですが「自由な発想で何やってくれてもいいから、値段はこれだけでお願い!」って依頼したような、いい感じの軽さが最高です。

【ポスターの詳しい説明はこちらから】

https://www.osaka.cci.or.jp/nigiwai/dokuhon/pdf/fst_pos_book.pdf

新しいお店も続々出店中!

ポスターの効果かどうかは分かりませんが最近独特の雰囲気の新しいお店がいくつかできてきたのはいい展開ですね!

アイスクリーム屋さん

日本一目立たないアイスクリーム屋さんじゃないかって思ってます。


古本屋さん
本好きな人たち数十人で運営する本屋さん。一コマ場所を借りて自分が好きな本を販売するスタイルなので面白い本も色々揃っています


不動産屋さん

リゾート風?カフェ風?な不動産屋さんです。


雑貨屋さん
過去の薬局を潰した跡地を利用しているレトロ感満載の雑貨屋さん。

ただ、オープン日が完全に気まぐれなので、めったにオープンしていません。

すごく面白い店なので見つけた際はぜひ行ってみてくださいね!

もっとも好きなお祭り

前のブログで紹介した「阿倍王子神社夏祭り」を始め大阪にはもっと有名で規模の大きなお祭りは色々あるんですが、毎年いくお祭り(夜市)の中でここがいちばんのお気に入りなんです。

理由① とにかく値段が安い

商店街のお祭りだけあって値段が破格です。

大阪市内のメジャー系のお祭りだったら「金魚すくい」「スマートボール」「スーパーボールすくい」「○○くじ」のようなゲーム系の屋台は1回300〜400円が相場ですが、文の里商店街のお祭りは基本1回100円(一部200円)で楽しめます。

値段が安いだけでなく、ゲームの景品(おもちゃ)も大きなお祭りよりもいいものがバンバン当たるので、よりお得感がありますよ。

理由② 飲食も充実

商店街のお肉屋さん、たこ焼き屋さん、飲食店が総出で出店しているので飲食も充実しています。

フランクフルト、冷やしきゅうり、わたがし、かき氷、焼き鳥、焼きそば、お好み焼きの定番ものに加えてその場で調理してくれる「チーズオムレツ」なんてものまであります。

どのお店も一般的な屋台より安い上にボリュームがあって味も美味しいです!

理由③ 金魚のイキがいい

大きなお祭りの金魚すくいですくった金魚を持ち帰っても、たいてい1日以内に全滅したりするんですが、文の里商店街の夏祭りの金魚は例外です。

すくう瞬間にわかりますが「自然の魚かよっ!」て言いたくなるようなすばしっこい動きで逃げ回ります。よほど元気なんでしょうね!

我が家では他のお祭りで金魚すくいをするときは持ち帰りはしないのですが、商店街のお祭りの金魚だけは毎年持ち帰ります。

すぐに死んでしまう金魚もいますが、だいたい1年以上は生きています。

値段も金魚すくい1回100円で5匹まで持ち帰りOK(容器代不要)です。

良心的すぎませんか!?

理由④ ライブまで開催

狭い商店街なんですがそのちょうど真ん中あたりでライブも行われています。

昭和町のイベントって小さなイベントでもライブがセットになってたりするんですよね。実は、なかなか音楽とつながりの深い地域なんです

アーティストとの距離も近く、ビール片手に聞くライブは「商店街フェス」って感じで最高です!

理由⑤ 時間が早い

一般的なお祭りは17時くらいから人が集まり出して20時過ぎ〜21時くらいがいちばん盛り上がる時間帯だったりするので、子連れには少々厳しいタイムスケジュールになるのですが、文の里商店街のお祭りなら大丈夫!

15時からライブが始まり、16時には全ての屋台がスタートします。17時過ぎで集客のピークになって、18時頃には屋台の商品や景品が品切れを起こし始め、終了する露店が出始めます。

ライブも18時半には全て終了。19時には夜市終了になるのでそこから家に帰ってご飯を食べたり子供をお風呂に入れたりする時間が十分取れます。

ま、うちの場合は毎年祭りの後はそのまま近所の居酒屋で外食って決まってるんですけどね!

最後に

今回は地元商店街のお祭りについて書いてみました。

完全に地元商店街のお祭りなので、わざわざ遠方から来るようなお祭りではありませんが、おもしろポスター、書店、雑貨屋(不定期)さん、飲食店など、小さいながらも魅力的なお店が揃う商店街なので近くまで来られたときは少し足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?(天王寺駅から地下鉄で1駅です)

年に数回行われる「100円商店街」の時にも同じように商店街が盛り上がるので、タイミングを合わせて来てみてもいいかもしれません。

【100円商店街の日程はこちら】
http://www.osaka.cci.or.jp/nigiwai/price100/

それでは今回はこの辺で、夏を満喫中のnewginでした。

金魚元気に生きてますよ〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク