趣味の子育「ザリガニ釣りで大事なこと」

こんにちは、子育てエンジョイしていますか。newginです。

5月にはいってから大阪は日中の気温が30℃に迫る日もちらほら出てきました。いや、体感的には完全に「夏」って感じですね。

昔は5月といえば完全に「春」だったのですが、最近はGWをすぎると「そろそろ夏が来るなあ」と考えちゃうことも多くなりました(春みじかっ!!)

と、いうわけで「生き物大好き」の息子のために今回はザリガニ釣りにチャレンジしてきました。

ザリガニ釣りとは

私と同じ世代以上の人にはおなじみですよね「ザリガニ釣り」。
タコ糸の先にスルメや煮干しなどの餌を結びつけて釣るだけの誰にでもできる遊びです。

こんなこと書いていますがnewgin実は「ザリガニ釣り」未経験だったりします。
子供の頃はど田舎の海辺の港町に住んでいたので海釣りはしょっちゅうしていたのですが、ザリガニのいるような環境が近くになく、経験するタイミングがなかったのです。

ザリガニ釣り 準備

というわけで仕掛けや情報はこちらのサイトにお世話になりました。
https://tsurihack.com/174

バケツや魚取り網は家にあったので、タコ糸と餌さえあれば釣れるみたいですね。これは楽チン。

「準備は楽チン」と書きましたが、せっかくなのでザリガニ釣り用のタコ糸台紙は息子と一緒に自作してみました。

元々のタコ糸台紙に画用紙を貼り付けて絵を描いただけですが、ちょっとやる気もアップしますし「準備の時点から遊びはスタートしている!」これはnewginの信念みたいなものですね。

色々調べてみるとザリガニ釣りには根気が必要なようなので「子供と一緒にどう時間を潰すか」も重要になりそうです。

とりあえずスマホ用バッテリー、お気に入りのポケモン図鑑、クイズの本などを携えて準備は完了です。

ザリガニ釣りスタート

我が家の近くには大きな池がある公園があります。カメやカエル、水鳥も豊富な環境でちょっと魚取り網で水辺を泳がせれば小さな魚やエビが取れてしまう豊かな生態系の残る公園です。

以前この公園の某場所でバケツに大量のザリガニを入れたおじさんを見かけたことがあるので、そこならきっとザリガニが釣れるはず!と考えスタートしました。(ここポイントです。重要!)
エサは「あたりめ」です。

頑張るぞ!

「ザリガニは動きが遅いから、餌を投入してからしばらくはじっと待たないといけないよ」
と聞きかじった情報を偉そうに説明をしていると不意に息子が「お、お、お、お父さん!糸がなんか引っ張られてる!」

振り返ると大物の魚が釣れたような引きでタコ糸が持っていかれそうになっていました。危ない危ない。

早速手繰り寄せてみると犯人はカメでした。

それから何回餌を入れ直しても1分と持たずカメに餌を持っていかれる状態が続きます。

もう餌を入れる前から水面に顔を出したりして餌待ちしています!
楽しくカメと格闘していたのですが、何か思ってたのと違う!!

そう今回の目的はザリガニ釣りだったはず。

亀がいなさそうな場所に移動して仕切り直しです。

ザリガニ釣りは簡単ではない

場所を変えて1時間。
亀の食いつきはなくなりましたが、それこそなんの反応もない時間が続きます。

徐々にザリガニ釣りに飽きてきた息子。網で小魚をすくったり、近くの草むらで虫探ししたり別の遊びを始めました。ザリガニをすくうために準備した魚取り網が別の意味で大活躍ですね。

それからさらに30分、覚えのあるひきを感じて手繰りよせると、案の定カメでした。
もう半分ザリガニを諦めた息子「カメでいい!」というので寄って来たカメの中で最も小さいサイズの亀1匹を魚取り網ですくい上げました。

まとめ ザリガニ釣りに一番必要なもの

結果およそ3時間のザリガニ釣りにおいての釣果は0(亀1匹/小魚数匹)

帰り際、公園を散歩していた近所に住むご老人が「釣れましたか?」と話しかけてこられたのでザリガニ釣りについて色々話を聞いてみた結果「この公園にはザリガニいないよ。(バケツにザリガニいっぱい入れている人は)別の公園でとって来たやつだからね」とのこと。

「魚のいない釣り堀で糸を垂らしていても仕方がない」というビジネスの名言がありますが、まさにその通りの状況だったわけですね。

ザリガニ釣りで最も大事なこと、それはつり方でも、餌でも、暇つぶし用のグッズでも、忍耐力でもなく「場所選び」ということがよくよくわかりました。(調べると近所にザリガニ釣りスポットたくさんありました)

http://limitbreak01.net/2016/06/21/ザリガニ釣り入れ食いスポット!大阪で釣れる場/

この夏の間に必ずリベンジするぞ!

おまけ

カメ(けいたろう ミシシッピアカミミガメ(外来種)オス)と息子

けいたろうはキャベツがあまり好きではなく、あたりめが大好物
あたりめは塊のまま丸呑みするので、細かく刻んでおかないと危険です。

亀に夢中の息子。結局生き物ならなんでもよかったのかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで

「趣味=育児」のnewginでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク